Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

永住権への道があるとしたら

この国で永住権を目指している私ですが、理由はこの国が好き!というのもあるのですが、ここで勉強がしたい、というのも大きな理由です。そのためには、日本でやっていた仕事をこの国でやることに意味があります。そのためには永住権を持っていたほうがずっと都合がいいのです。

 

 

 

永住権ですが、申請時の年齢が若く資格等がそろっていたら比較的簡単です。ですが、独立して申請できないとなるとどっかにスポンサーになってもらうということになります。

 

わたしが、今仕事先でスポンサーになってもらって永住権を目指すとすると、

まず、専門家になること。正免をとること。最低二年。

そこからその仕事を4年間して、その中の永住権申請の間近の2年間、大都市部以外で働くこと。そこからスポンサーしてもらうこと。

なんで、これから最速で6年間かかります。ながいね!

 

その間に政策の変更で厳しくなるとは思いますが、そこは今は予測できないよね。しごとの競争も激化するだろうからな。

 

とにかく4年間はビザが出るから、この最初の二年をどう有効に使うかはカギだなー。専門の免許をどうとるかだなー。

ここで、大事なのは健康管理だなー。

 

 

この国をあきらめて、お隣の国にわたってそこで永住権をとるとすると、そうなるともっと短いのかな。免許をもってたら、あちらはまだ不足してる感じがするので、できないことはないと思う。

 

そこまで元気でやれてるかな。

でも、せっかくなのでやってみよう!